2017年11月8日水曜日

【物つくりと心意気 その3】

いつもありがとうございます。東成区大今里の自転車処清水屋です。

台湾道中記の3回目。台湾から帰国して3週間が経とうとしています。
頭の整理がつかず、エエ加減忘れてしまいそうなのでサクっと要点だけ書
いて行きます。


工場見学を上の階に場所を変えて行きます。上の階に行くにつれ単純な作業から1人で複数の工作機械を操る複雑な作業へと変わって行きます。タイやインドネシアから出稼ぎに来た若い労働者が目立ちました。女性もとても多かったです。手先が器用でとてもスピーディーな動きでした。

製造ラインから少し離れた小部屋では、出来上がってスグの商品がテスターにかけられレバーの強度テストやオイル滲みのチェックが行われていました。詳しくは書けませんが、そこまでやらんでも・・・と感じてしまうようなテストも行われておりカウンターを見ると数十万回の数が記されていました。
各メーカーの完成車に組まれてるブレーキを生産してるテクトロ。変速レバーやクランク・車輪まで生産してるシマノ。両社ともに今の自転車業界にはなくてはならないメーカーであるのは間違いない事実。ブレーキだけ関して言えば、両社ともに意識し合ってる関係。テクトロのスタッフの話でも「シマノには負けたくない!」と熱弁していました。こんな熱い思いが商品造りに込められてるんでしょうね。今後のテクトロの展開が楽しみです。





DHワールドカップチャンピオン AARONN GWINのDHバイク
彼のDHバイクにはTRP-DH”G”specが組まれています。
外観の大きな特徴はキャリパー全体に冷却効果を高めるフィンが刻まれています。ピストンは4ピストンです。


0 件のコメント:

コメントを投稿