2015年9月1日火曜日

【新規格なあ~】

今日から9月になりました。
我々自転車業界の人間は展示会シーズンに突入します。

どんなニューモデルが発表されるのか、ワクワクしたり目を楽しませてくれる時期でもあります。
それによって来期の業界全体の動向や自身の店舗の品揃えなども考えていかなければいけません。

そんな展示会ですが、ニューモデルが発表されると必ず出てくるのが『新規格』と言われるモノ。
来期はロードバイクのディスクブレーキ搭載モデルが挙って出てくると思います。
それに伴い、剛性アップを狙ったフロントハブのスルーアクスル化。コレも各メーカーの思惑があり、色んなサイズが乱立するかと思います。正直コレは販売店側としては非常に面倒臭い。早急に統一規格にするのがベストでしょう。

私も自転車業界に携わってきて20数年。
色んな『新規格』と呼ばれるモノを見て触って来ました。特にMTBの『新規格』は凄まじいスピードで乱立され、そして淘汰されて行きました。そんな時代背景を見てきたので、淘汰されて行った『新規格』のパーツを持ったユーザーの困り果てる姿も沢山見て来ました。

作る側のメーカーとしては従来からの熟成や新たなる挑戦と提唱したい気持ちがあるのですが、そんな事は知ったこっちゃない。それよりもユーザーが困った時にリペアパーツを安定してデリバリー出来る体制を整えたもらった方が販売店としては非常に助かるし、ユーザーも嬉しいハズ。

なにも『新規格』じゃなくても自転車は楽しく走ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿